弊社不動産事業部にてお取り扱いを致しましたお客様に、インタビューをさせていただきました。住み替えのため、ご自宅の売却と購入をされたお客様です。

売却の際のご苦労や住み替えまでの流れをお聞きしました。

お客様の売買情報

ご売却物件  
エリア 埼玉県さいたま市
種類 戸建て
面積 土地: 102.7㎡ 建物: 96.05㎡
ご購入物件  
エリア 東京都東村山市
種類 戸建て
面積 土地: 110.8㎡ 建物: 93.34㎡

定年をきっかけにライフプランを考えるように

ー どのような経緯で弊社へ不動産売買のご依頼をいただいたのでしょうか?
avatar
5年前に夫が定年を迎えたのですが、いざ定年を迎えてみると、老後の健康や経済的なことをすごく考えるようになりました。

もちろん、その前から老後の生活についてぼんやりとは考えていたんですが、仕事の第一線から離れて「社会的に」2人になったことを実感しました。

avatar
これからの楽しみのことや生活スタイルなど、いわゆる「ライフプラン」というんでしょうか、そういった話を夫婦で話し合いました
avatar
自分がやりたいことは〇〇といったことがあるけれど、お父さんはどういったことがしたい?とか、結構話しましたね。
avatar
また、これまで幸いにして健康で生きてきたので、保険に加入はしていたものの、使ったことがなかったんです。
ですから、今の保険のままでいいのかということも考えました。
売却されたご自宅のお部屋
ー 保険・ライフプランがきっかけで弊社の担当とお会いになられたんでしょうか?
avatar
そうです。
実はちょうど定年を迎えた時に、1人息子が結婚をしたんです。
老後に何かあった時に、息子に助けてもらうこともあるかもしれないし、普段からこちらが孫の面倒を見たりもできるように、近くに住んだ方が良いのではと考えるようになりました。
avatar
息子夫婦は仕事の関係もあって、今住んでいる地域から離れられないということだったので、自分たちが動ける間に、自宅を売却して、息子たちの近くに引っ越しをするという結論になったんです。
avatar
そんな時に、紹介で大槻さん(弊社立川支社所属)にお会いしたんです。

「保険ならこの人に相談するといいよ」と紹介をもらって、最初にご連絡をさせていただいた時に、「保険の見直しをしたいんですが、不動産のことも相談できますか?」と聞いてみたら「弊社には不動産部門もあるし、私も宅建を持っているので、不動産の件もご相談に乗れますよ」と言っていただいたんですね。
avatar
実は自宅の売却の話は、大槻さんに会う前から既に動いていたんですが、うまく進んでいなくて困っていたんです。
ご売却をされたご自宅

売りと買いを同時に進める「住み替え」

ー 口石(弊社不動産担当)と会う前からご自宅の売却を進めていらしたんですね?
avatar
そうなんです。
実は、この「住み替え」の件は、息子には前々から話していたのですが、夫に話さず計画をしていたんです。
夫に納得してもらうためには、計画を話す前に、自宅を査定して、数字も明確にして、本当に実現できるのかをはっきりさせなくてはいけないと思いました。

家を売ったこともないですし、ローンも払い終わったばかりだったこともありましたので。
avatar
最初、住み替えの話を聞いた時は驚きました(笑)
ー 自宅査定をして数字を明確にしても、うまく売却の話は進まなかった…?!
avatar
そうですね。
いくつかの不動産会社に相談して、売り出しを始めたんですが、問い合わせも少なくて。
avatar
後でわかったのですが、自宅の売りだし価格を相場よりかなり高く設定しまったんですね。
avatar
そのため、1年くらいは全く動きがない状況でした。
それで、お願いしている不動産会社を変えようかと思っていた時に、大槻さんに出会い、不動産事業部の口石さんに来ていただいたんです。
弊社担当:口石と新居にて

営業エリアの制限がない

ー それまでの不動産会社と弊社で何か違いはありましたか?
avatar
口石さんと初めてお話しした時に「住み替えでしたら買う物件も一緒に探さないと成り立たないですよ」と言われて目が覚めたんです。

それまで、売ることに集中していて「買う」ということを全く考えられていませんでした。
avatar
それで、最初にお会いした日にすぐに物件をいくつか紹介してもらって、すぐに内見を始めました。その頃はまだ戸建てかマンションかも決めていなかったんです。

私たち夫婦の活動は浦和が中心なので、浦和に行きやすいという条件の路線・エリアで探しました。
avatar
ただ、売る方は相変わらず決まらなくて、本当にこの決断が正しかったのかと悩みました。いったん白紙に戻してしまおうかとも思ったんです。

売りに出している自宅も、それまで自分たちが大事にしてきた家・大好きだった家なので、その家に価値がないように思ってしまって、心が折れそうでした。
ー うまくいったきっかけは何だったのでしょうか?
avatar
売り物件が決まった大きな要因はやはり「価格設定」でした。

数多くの家を内見して、なかなか決まらなかったんですけど、それでも探しているうちに買う物件の金額がある程度決まってきたんです。

それで売る家も「最悪ここまで価格を下げても大丈夫」となってから好転し始めました。
avatar
新しい家を探している時に、口石さんが根拠のある数字を見せてくれたのが良かったですね。

私たちも考えが変わったり、意見が異なってくることもあったのですが、都度その時の考えや思いを聞いていただけたので、納得して進めることができました。
avatar
それと、元々お願いしていた不動産会社は「地場に根づいた営業活動」をされていた会社なんです。
新しく住む予定の地域はその会社の営業エリアと異なるので、買う物件はご自身で探して下さい、というスタンスでした。

でもエリアに関係なく動いてくれる口石さんの登場で流れが変わりました。
avatar
結果的に、私たちの住んでいた家を買ってくれた方にも、非常に喜んでいただきました。
売り・買いに関して満足のいく結果を得ることが本当に良かったです。
新居前で、売主さんと記念撮影

弊社不動産事業部より

avatar
担当:口石
家を売る際には、ターゲットは誰かを考えることも大切

例えば、今お住まいと同じ市内で家を探している人へ売却をしたいのなら、周囲の環境もよく知っているし「住宅そのもの」の価値を理解してくれて、高い価格で買ってくれる人が現れるかもしれません。

ですが、市外の人や全く環境の異なる人は、

・駅からどれくらい?
・駐車場は何台停められる?

等といった「スペック」しか見ない方も多いんです。

いい物件であっても、環境・状況を「知らない人」と「知っている人」が見たときに価値の差が大きいことがあるのです。

ですので、売却をしたい人はどんな人なのか、ターゲットをはっきりさせて価格設定をすることがとても重要です。

不動産に関するお問い合わせ

弊社では、不動産に関する様々なご相談をお受けしています。
LINEやフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

LINEでのお問い合わせ

スマホにて下記QRコードを読み込んでください。

フォームによるお問い合わせ

下記にお問い合わせ内容をご入力ください。

    お名前
    メールアドレス
    ご連絡先
    ご相談内容 住宅購入不動産売却土地活用空き家対策不動産投資相続対策
    その他ご相談・お問い合わせ



    *確認をクリックすると一部背景がグレーになる場合があります。